メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東山動植物園

隔離法など明確化…鳥インフル、指針改定へ

古代池に消毒剤を投入する作業員=名古屋市千種区の東山動植物園で(同園提供)

 飼育するコクチョウなどが高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)に感染したのを受けて、東山動植物園(名古屋市千種区)は対応マニュアルを改定する方針を決めた。飼育鳥の隔離方法などについて明確な基準がなかったためで、今後具体的な内容を詰める。確定検査から園内の二つの池が感染経路とみられ、同園は21日、野鳥の飛来を防ぐため、池の水を抜く作業を始めた。

 感染経路とみられるのは「胡蝶(こちょう)池」(2000立方メートル)と「古代池」(130立方メート…

この記事は有料記事です。

残り1074文字(全文1301文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  2. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  3. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  4. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す
  5. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです