メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太陽光発電

志摩市で計画急増 自然保全の条例、空文化 /三重

 伊勢志摩国立公園に全域が含まれる志摩市で、太陽光発電所の開発計画の届け出が2013年以降で38件、計約87万4000平方メートル(東京ドーム18・7個分)に達することが22日、市への取材で分かった。市は「自然と環境の保全に関する条例」で開発行為の適正な施行をうたう。ただ、市は「提出されたものは全て受理する」とし、開発行為の歯止めとしての役割を果たせず、空文化している実態が浮き彫りになった。【林一茂】

 市環境課によると、条例(04年制定)は「恵まれた自然と良好な環境を確保するため」、市、事業者、市民…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 「再開要請」聞き入れず、都が認定 病院を指導へ 透析中止女性死亡
  5. 不正受給 事業所指定、取り消しへ 県 /熊本

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです