メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップおおいた

歩道を塞ぐ老クロマツ 伐採、一転移植へ 大分城址公園 /大分

移植されることになったクロマツ。歩道の中央から傾いた幹を避けて通行する人が多い

「空襲乗り越えた」「市民に親しみ」

 大分市荷揚町の大分城址(じょうし)公園前で、樹齢100年を超えるとみられる1本のクロマツが注目を集めている。太い幹が歩道を半ば塞ぎ、「通行のジャマ」として一時は伐採する方向になったが、長くこの木に親しんできた住民らが反対。伐採は見送り、別の場所へ移植する折衷案に落ち着いた。クロマツは城址公園の敷地内に移植される可能性が濃厚だ。【西嶋正法】

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1200文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日銀決定会合 08年6月議事録「最悪期は去った」
  2. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  4. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  5. 英・航空ショー MRJがデモ飛行 存在感アピールへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]