メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花園の新風景

全国高校ラグビー/3 旭川工(北北海道)/札幌山の手(南北海道) 北の大地、誘致を力に

降り積もった雪の上でタイヤを引き、足腰を鍛える旭川工の選手

 雪煙を巻き上げながら、選手がグラウンドを駆け巡る。1949年の創部以来初の花園出場を果たした旭川工(北北海道)。札幌ドームが2019年ワールドカップ(W杯)会場の一つにも決まり、北の大地でもラグビー人気復活へ期待は高まる。主将のNO8天野拓斗(3年)は「ラグビー熱を冷めさせないようなアグレッシブなプレーをしたい」と誓う。

 北海道は夏でも涼しい気候と質の高い天然芝を生かし、ラグビーチームの夏合宿誘致が盛んだ。中でも東部の…

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文843文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです