メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クリスマス

ブラジル人気漫画家から贈り物 滋賀の中学校

贈られた漫画を手に喜ぶブラジルなどの出身の生徒たち。奥が青木教諭=滋賀県湖南市岩根の市立日枝中の日本語教室で2016年12月22日午前11時56分、大澤重人撮影

 全校生徒の1割弱がブラジルはじめ外国出身の滋賀県湖南市立日枝(ひえ)中学校に22日、ブラジルの国民的人気漫画「モニカと仲間たち」の作者マウリシオ・ジ・ソウザさん(81)からクリスマスプレゼントとして自著270冊が届いた。

 「モニカ」は日本の「サザエさん」のような存在だ。ソウザさんは日系ブラジル人と結婚し、親日家で手塚治虫とも親交があった。

 ブラジルに留学経験がある日本語教室担当の青木義道教諭(38)の親身な指導を、毎日新聞の記事(11月…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです