メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独テロ

容疑者出身地チュニジア 過激派を多数供給

 【カイロ秋山信一、ローマ福島良典】ベルリンのクリスマス市にトラックが突入し60人が死傷したテロ事件で、実行犯として指名手配されたのはチュニジア出身の男だった。事件への関与を主張する過激派組織「イスラム国」(IS)には推定約6000人のチュニジア人が参加し、イラクとシリア以外では最大の戦闘員供給国だ。旧宗主国のフランスや地中海対岸のイタリアと関係が深く、今年7月の仏ニースでのテロ事件にもチュニジア人が関与していた。

 チュニジアのラジオ局「モザイク」などによると、男は中部の山あいの町ウエスラティア出身のアニス・アム…

この記事は有料記事です。

残り1034文字(全文1293文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  2. WEB CARTOP 男子が乗るとドン引かれる!  あまりに見た目がカワイすぎるクルマ5選
  3. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  4. 藤井七段が朝日杯連覇 渡辺棋王を破る
  5. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです