メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

計画達成は4割 会計検査院調査

 過疎地や豪雪地で暖房用の灯油を安定供給するため、国が販売業者を対象に実施している補助事業について会計検査院が抽出調査したところ、補助を受けた業者の約4割しか配送量などを増やす計画を達成できていなかったことが分かった。検査院は22日、所管の資源エネルギー庁に効果的な実施を求めた。

     エネ庁は、販売業者が経営合理化のためタンクローリーを大型化する際、購入費の3分の2を補助。業者側は灯油の配送量か配送先について、直近1年の実績より増やす計画を立てて補助を申請する。検査院が2013~15年度に補助を受けた全国の業者を抽出して調査したところ、計画通り配送量を増やせたのは440業者(補助総額約17億円)のうち177業者(同約6億円)。配送先も423業者(同約16億円)のうち172業者(同約6億円)にとどまった。

     エネ庁は「今年度から業者側に増加計画の達成状況を報告させるなど改善を進めている」としている。【松浦吉剛】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 衆院選 投票したら替え玉無料 「一風堂」が「選挙割」
    2. 東急 三軒茶屋駅で停電 田園都市線など一時運転見合わせ
    3. 日産 国内全工場で出荷停止 無資格検査で
    4. 水戸・遺体 不明男性「殴った」肋骨数本折れる
    5. 名大病院 がん兆候、情報共有されず 50代の男性が死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]