メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文革50年の中国

第3部/1 わが父、胡耀邦 共青団トップ「人民の敵」に 迫害、糾弾に屈せず

胡耀邦(首に札をかけられた檀上3人の中央)らをつるし上げる批判大会=北京の共青団本部で1966年8月

 1966年8月13日、北京市中心部の工人体育場は毛沢東を崇拝する「紅衛兵(こうえいへい)」数万人で埋まった。当時、高校1年生で、集会に参加していた胡徳華(ことくか)さん(68)は父親を糾弾する地響きのような怒号に衝撃を受けた。「胡耀邦率いる共産主義青年団(共青団)中央が重大な錯誤を犯した」との声明文が読み上げられたのだ。

 徳華さんは4人兄妹の三男。父親は当時、中国共産党の青年組織トップの共青団第1書記を務めていた。

この記事は有料記事です。

残り1557文字(全文1767文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あしなが育英会 奨学金利用の母子家庭 6割が就労不安定
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです