メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リビア機

ハイジャックでマルタ着陸 乗客ほぼ全員が解放

 【カイロ秋山信一】地中海の島国マルタからの報道によると、リビア南部セブハから首都トリポリに向かっていた国営アフリキヤ航空の旅客機(乗員乗客118人)が23日、ハイジャックされ、マルタの空港に着陸した。マルタ当局によると、犯人との交渉が始まり、乗客ほぼ全員が解放された模様だ。

     マルタメディアによると、ハイジャック犯は2人とみられ「手投げ弾を所持している。爆破する」と脅迫している。要求内容に関して「欧州への亡命と新政党の設立」「2011年の内戦で殺害された元最高指導者カダフィ氏の次男セイフ・アルイスラム氏の釈放」など情報が錯綜(さくそう)している。

     リビアではカダフィ独裁政権が崩壊して以降、内戦状態が続く。国連の後押しを受ける大統領評議会が統一政府樹立を目指すが、東部をカダフィ氏の元側近、ハフタル将軍の民兵が実効支配して対立している。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
    2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
    3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
    4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
    5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです