メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

グローバル化と危機=増田寛也・元総務相

=徳野仁子撮影

日本からの発信に期待

 初めてフランクルの「夜と霧」を読んだのは高校生の時だった。ナチス強制収容所という極限状態の中での人間の尊厳の描写に、深い感動を覚えた。ナチスの崩壊から25年後の1970年、ポーランドの首都ワルシャワのゲットー(ユダヤ人居住区)の記念碑の前には、ひざまずいて黙とうする旧西ドイツ、ブラント首相の姿があった。筆者も「夜と霧」を読み終えた直後で、加害国の指導者とはかくあるものかと衝撃を受け、その映像を覚えている。政治的意図が込められているにせよ、国の指導者がひざまずいて過去の歴史に向き合い謝罪する予想外の姿に、世界中が驚いた。

 明日、安倍晋三首相が真珠湾を訪問する。これで積年の課題を解消する。オバマ大統領の広島訪問は、米国内…

この記事は有料記事です。

残り1422文字(全文1745文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  3. しらかば帳 また帰ってきます /長野
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです