メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

荒川洋治・評 『全訳 漢辞海 第四版』=戸川芳郎・監修

 (三省堂・3240円)

森閑としたことばの多彩な群落

 精読すれば、森閑としたことばの光景に魅せられ、引きこまれる。それが漢和辞典だ。

 戸川芳郎監修『全訳漢辞海第四版』(佐藤進、濱口富士雄編)は二〇〇〇年の初版以降、評価の高い小型漢和辞典の六年ぶりの新版。親字一万二五〇〇。熟語八万。この第四版では和訓、地名を大幅に補充し、新たに日葡(にっぽ)辞書でのよみを加えた。たとえば平家物語、徒然草では上洛をショウラクとよむが、日葡辞書以外に記載がないのだ。以下は、初版以来の特色。訓点を除外し、括弧も最小限で引用する。

 ひとつは漢文用例すべてについて日本語訳と書き下(くだ)し文を付けたこと(漢和では初めて)。有朋自遠…

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1528文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  3. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言
  4. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  5. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです