メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『狂うひと-「死の棘」の妻・島尾ミホ』=梯久美子・著

 ◆梯(かけはし)久美子・著

 (新潮社・3240円)

男と女の比類ない生態神話の出現

 祖国に殉じる戦士にあこがれていた鶴田浩二が目を潤ませて歌っていた「同期の桜」だが、島尾敏雄は決して歌わなかったという。

 敏雄は奄美の加計呂麻(かけろま)島に27歳の特攻隊長として赴任し、島民から守護神のごとく敬愛されていた。終戦の前々日、出撃命令が出されていたが、実行されないまま敗戦の玉音放送を聞く。

 この隊長は島の国民学校代用教員だった25歳のミホとすでに愛し合う仲だった。夜ごと逢瀬(おうせ)を重…

この記事は有料記事です。

残り1845文字(全文2088文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友 籠池と妻諄子の両被告が保釈 夜に記者会見の予定
  2. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]