メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花園の新風景

全国高校ラグビー/5止 御所実(奈良) 「おもてなし」強化作戦

御所ラグビーフェスティバルで設けられた「おもてなしコーナー」に集まる選手たち=御所市提供

 毎夏の約1週間。人口約2万7000人の奈良県御所市には、高校生ラガーマンを中心に延べ7000人が集まる一大イベントがある。御所実が開く「御所ラグビーフェスティバル」だ。2会場を使っての練習試合は1日に30以上行われることもあり、各地からの参加校には強化の絶好の機会となっている。

 御所実では1990年に練習試合の負傷で、部員が亡くなった。追悼の意味を込めて翌年から開催。徐々に大規模になり、現在は30校以上が参加する。前回大会優勝の東海大仰星(大阪第1)などが常連校だが、初出場の玉島(岡山)も昨年から加わった。「参加すれば、花園が近くなる」とのうわさも広まっている。

 ホスト役の御所実は期間中、準備のために選手は午前4時半に起床。氷の用意、他校に弁当を配るなど「おも…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文810文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
  4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです