メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワールド・トレジャー

特派員が選ぶ私の世界遺産 イタイプー水力発電所(ブラジル・パラグアイ国境) 規模も影響も規格外

夜間照明で闇に浮かび上がったイタイプー水力発電所の中心部分

 南米随一の観光名所、イグアスの滝。ブラジルとアルゼンチンの国境にまたがる世界3大瀑布(ばくふ)の一つを写真で見たことのある人は多いだろう。そこから約35キロ離れたブラジルとパラグアイの国境地点にイタイプー水力発電所はある。この巨大な発電所がブラジル国内で消費される電力の15%、パラグアイの75%を賄っている。

 イタイプーの規模の大きさを示す指標はいくつもあるが、分かりやすいのがイグアスの滝との比較だ。イグア…

この記事は有料記事です。

残り1276文字(全文1482文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです