メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文革50年の中国

第3部/3 わが父、胡耀邦 300万人、名誉回復 敵対した旧友・家族にも助力

胡耀邦元総書記が文革時代に暮らした住居。後に趙紫陽元総書記も住み、天安門事件後は亡くなるまで自宅軟禁状態にあった=北京で

 1971年9月、文革期に毛沢東に次ぐ地位にあった林彪(りんぴょう)が毛暗殺に失敗し、飛行機で逃亡中にモンゴルで墜落死した。毛沢東の「後継者」「親密な戦友」の裏切りは世間を揺るがした。69年5月から河南省の幹部再教育施設で強制労働を科せられていた胡耀邦(こようほう)氏も、71年末に病気療養のために北京に戻ることが許された。職務復帰はできなかったが旧知の党幹部が頻繁に自宅に出入りするようになった。風向きは変わりつつあった。

 72年10月、若い女性が陝西省西安市から胡氏を訪ねてきた。かつて兄のように慕った古参幹部、舒同(じ…

この記事は有料記事です。

残り1286文字(全文1548文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. マクドナルド福増町店 道路の真ん中に!? 味なことやる バイパス遊休地を活用 /北陸
  3. 狛江市 市長が辞意を正式表明 セクハラ「認めます」
  4. 財務省 森友交渉記録、国会に提出 理財局次長が陳謝
  5. 火災 住宅全焼、1人死亡 不明の10歳長男か 埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]