メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英語応対能力検定

旺文社、カシオ、毎日新聞社で運営会社

 毎日新聞社が旺文社、カシオ計算機とともに実施する「英語応対能力検定」について26日、運営主体となる「株式会社学びUP(アップ)コミュニケーションズ」が設立された。3社は今年8月25日、「英語応対能力検定」事業で基本合意を発表し、運営法人設立に向けて調整を進めていた。

 運営法人の本社は東京都千代田区一ツ橋1の1の1パレスサイドビル内、社長は大澤孝夫・旺文社取締役。資本金は4億5000万円(資本準備金含む)で、旺文社とカシオ計算機がそれぞれ40%を、毎日新聞社が20%を出資する。

 「英語応対能力検定」の第1回試験は来年3月1~31日の1カ月間。申込期間は来年1月16日~2月22…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文648文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も
  5. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです