メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪負担

10自治体「不快、不安」…予算編成遅れ

東京五輪・パラリンピックの共同要請書を受け取り、(前列左から)森田千葉県知事、上田埼玉県知事、村井宮城県知事、黒岩神奈川県知事と意見を交わす小池東京都知事(右端)=東京都庁で2016年12月26日午前9時15分、梅村直承撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックの費用分担を巡り、26日に東京都の小池百合子知事と大会組織委員会の森喜朗会長を訪問した地方の開催自治体のトップは終始、硬い表情で「不快」「不安」と口にした。来年度予算の編成作業が大詰めの年末になっても費用分担が決まらず、当初は原則になかった地元負担案も浮上しているためだ。小池知事は五輪の陸上男子短距離で3連覇したウサイン・ボルト(ジャマイカ)の名前を出して「ボルト並みにスピード感を持っていきたい」と早期の対応を約束した。【田原和宏、松本晃、芳賀竜也】

 この日、都庁を訪問したのは東京都以外で開催される6道県、4政令市の10自治体のうち、宮城、千葉、神…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
  2. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. ORICON NEWS 指原莉乃、松本人志の“問題発言”に反応「干されますように!!!」
  5. 元婚約者「解決していない」 小室さん「金銭トラブル解決済み」に反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです