メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三浦九段のソフト使用疑惑「不正の証拠ない」

三浦弘行九段に関する調査結果をまとめ、記者会見する日本将棋連盟第三者調査委員会の但木敬一委員長(右)=東京都千代田区で2016年12月26日午後3時45分、小川昌宏撮影
三浦弘行九段

第三者調査委「緊急性から連盟の処分はやむを得ない」

 将棋棋士の三浦弘行九段(42)が対局中に将棋ソフトを使用した疑惑を持たれ、年内出場停止処分になった問題で、日本将棋連盟が委嘱した第三者調査委員会(委員長・但木=ただき=敬一弁護士)は26日、調査報告書を連盟に提出、東京・霞が関の弁護士会館で記者会見した。三浦九段が不正行為をしたと認めるに足る証拠はなかったとする一方、緊急性から連盟の処分は当時としてはやむを得ないと結論づけた。

 調査委は、疑惑を持たれた今年7~10月の4対局を対象に、不正行為の有無や、処分の妥当性を調べた。三浦九段から提出されたスマートフォンなど電子機器の解析、対局中の映像や指し手の分析を実施。結果、電子機器に不正行為の痕跡は確認できない▽長時間の離席という事実はない▽ソフトの指し手との一致率は根拠にならない--ことなどから、疑惑の根拠はいずれも「証拠価値に乏しい」とした。一方で、三浦九段が挑戦者になった竜王戦が目前に迫り「大きな混乱が生じることが必至で、連盟として他に取り得る現実的な選択肢がほぼなかった」などと処分は妥当とした。

 調査委は、連盟に三浦九段を正当に処遇し、早く将棋界を正常化するよう提言している。連盟と三浦九段は27日にもそれぞれ記者会見する。【最上聡】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地球に似た惑星 7個発見 39光年離れた恒星の周りに
  2. AKB48小嶋陽菜 涙の卒コンもミラノへ直行 「ばいばーい」
  3. クローズアップ2017 北朝鮮大使館員、関与 「国ぐるみ」深まる謎
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 金正男氏殺害 北朝鮮大使館員が主導 警察出頭を要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]