メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソ連崩壊25年

リトアニア、元露将校逮捕 歴史認識対立

カリーニングラードの位置

 ソ連の崩壊から25日で25年がたった。崩壊に向かう大きな流れが生まれたきっかけは、バルト海沿岸国リトアニアでソ連からの独立と民主化を求める民衆デモがソ連軍に鎮圧され市民14人が犠牲になった「血の日曜日事件」(1991年1月)だ。その作戦に加わったロシア人元将校がリトアニアで「人道に対する罪」に問われており、歴史認識を巡る国家間の対立は続く。【カリーニングラード(露西部)で杉尾直哉】

 拘束中なのは旧ソ連軍の戦車部隊にいたユーリー・メリ被告(48)。2014年3月に居住地のロシア西部…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです