メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソ連崩壊25年

リトアニア、元露将校逮捕 歴史認識対立

カリーニングラードの位置

 ソ連の崩壊から25日で25年がたった。崩壊に向かう大きな流れが生まれたきっかけは、バルト海沿岸国リトアニアでソ連からの独立と民主化を求める民衆デモがソ連軍に鎮圧され市民14人が犠牲になった「血の日曜日事件」(1991年1月)だ。その作戦に加わったロシア人元将校がリトアニアで「人道に対する罪」に問われており、歴史認識を巡る国家間の対立は続く。【カリーニングラード(露西部)で杉尾直哉】

 拘束中なのは旧ソ連軍の戦車部隊にいたユーリー・メリ被告(48)。2014年3月に居住地のロシア西部…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 高橋留美子さん欧州最大規模の漫画祭でグランプリに 「極めて進歩主義的」
  3. 大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙
  4. 「劇的ビフォーアフター」工事会社と朝日放送などが和解 2700万円追加費用発生で訴訟
  5. ソウル中央地検、前最高裁長官を逮捕 元徴用工訴訟に絡む職権乱用などの容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです