メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文革50年の中国

第3部/4止 わが父、胡耀邦 人道主義うたう 暴力反省のヒント提示

北京でインタビューに応じる胡徳華氏

 文革発動から50年、終結から40年が過ぎた。1980年代に改革開放政策をけん引し、今も多くの人々に慕われる胡耀邦(こようほう)氏。個人崇拝と政治迫害の嵐が吹き荒れた文革にあらがい続け、その後は中国共産党総書記として経済と人心の復興に尽力した。三男の胡徳華(とくか)氏(68)が父の人生を通して文革が残した課題を語った。

この記事は有料記事です。

残り1266文字(全文1426文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  4. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです