メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフル

熊本の養鶏場で疑い事例 10万羽を飼育

白い防護服とマスクを着けて交通整理する警察官=熊本県南関町で2016年12月27日午前0時2分、柿崎誠撮影

 熊本県は26日、同県南関(なんかん)町の養鶏場の鶏から簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。遺伝子検査で高病原性インフルエンザと確定すれば、家畜伝染病予防法に基づき、県はこの養鶏場が飼育している約10万7000羽を殺処分する。

 県によると、南関町の養鶏場から26日午後4時40分に「鶏が約50羽死んだ」と連絡があり、城北家畜保健所(同県山鹿市)の簡易検査で同7時半に陽性反応が出た。鶏7羽を検査し、死んだ鶏4羽と生きている鶏1羽から陽性反応が出た。

 これを受けて、県はこの養鶏場から半径3キロ圏の農場に鶏や卵などの移動の自粛を、3~10キロの農場に…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文627文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  3. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  5. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです