メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊方原発

1号機の廃炉計画 規制委に提出

四国電力伊方原発1号機(手前)。奥は右から2号機、3号機=愛媛県伊方町で、本社ヘリから梅田麻衣子撮影

 四国電力は26日、伊方原発1号機(愛媛県伊方町)の廃炉作業の工程をまとめた「廃止措置計画」を原子力規制委員会に提出した。県と伊方町にも同計画を示し、理解を求めた。廃炉作業は約40年かかり、費用を約407億円と見込んでいる。

 計画によると、使用済み核燃料の搬出など解体準備に約10年▽原子炉周辺設備の解体に約15年▽原子炉本体の解体に約8年▽建物の解体撤去に約7年--をかける。

 伊方1号機の使用済み燃料237体は、伊方3号機の燃料プールに移して保管するが、8年程度で満杯になる…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです