メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クリエイタブルズ

子供の作品をネットに「展示」 開始2年で50カ国超で利用

クリエイタブルズの画面で、自分たちの作品を見る児童。サイトを見た人から、「いいね!」を意味する色とりどりのバブルを付けてもらってうれしそうだ=東京都新宿区立落合第六小学校で2016年11月30日、岡礼子撮影

 子どもたちが作り出す工作や折り紙、塗り絵など、さまざまな制作物をインターネット上に「展示」する場所をつくりたい。IT企業で働き、日本で子育てをしていた親日家の父親3人が考案した専用サイト「クリエイタブルズ」が、サービス開始から来月で2年を迎える。子どもの作品の保管という、万国共通の悩みの解決を目指したサイトで、作品に特化して写真を掲載するため、言葉の壁を越えた気軽な交流がしやすいことも特徴だ。【岡礼子/デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り1685文字(全文1900文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです