メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

途上国、再生エネルギー拡大

 経済発展に伴うエネルギー需要の拡大を見据える新興国や途上国で、再生可能エネルギー導入の動きが活発化している。アフリカでは2020年までに1000万キロワット、30年までには3億キロワットの追加導入を目標としており、参入を目指して技術開発を急ぐ日本企業もある。

 モロッコ中部ワルザザード郊外の砂漠に見渡す限りの太陽光パネルが建ち並ぶ。完成する2017年には58万キロワットの発電能力を持ち、世界最大級となる太陽光発電施設「ヌール」だ。モロッコは30年に再エネの比率を8%(14年)から52%に引き上げる目標を掲げ、ヌールはその象徴だ。

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1063文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです