メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

真珠湾慰霊

学ぶべき「寛容の心」 首相が触れた飯田中佐

夫の義昭さん(左)と、安倍首相のハワイ訪問を伝えるテレビ画面に見入る喜久代さん=山口県周南市で2016年12月27日午後0時2分、大山典男撮影

真珠湾攻撃中に戦死遺族「戦死者の犠牲の上の平和忘れずに」

 27日午前(日本時間28日午前)、オバマ米大統領とともにハワイの真珠湾(パールハーバー)を訪れた安倍晋三首相。安倍首相は演説で、真珠湾攻撃中に戦闘機が被弾、墜落して戦死した飯田房太(ふさた)中佐(当時28歳、戦死後に大尉から特進)について触れた。米軍は墜落地点に石碑を建てており、安倍首相は米国の作家アンブローズ・ビアスの詩から「勇者は、勇者を敬う」との言葉を引用して「そこにあるのは、アメリカ国民の寛容の心」と述べた。飯田中佐の義妹、喜久代さん(87)=山口県周南市=は、首相の真珠湾訪問を機に「戦死者のことをもっと知ってほしい」と願う。

 飯田中佐は現在の周南市出身。真珠湾では8機を率いて米海軍カネオヘ基地などを攻撃した。しかし、燃料タ…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文810文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
  4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです