メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

兼業禁止の地方公務員法違反で「停職6カ月」受け依願退職

 千葉県は27日、風俗店で働いていたとして健康福祉部の女性職員(37)を地方公務員法(兼業禁止)違反で停職6カ月の懲戒処分にした。女性は同日付で依願退職した。

 県総務課によると、女性は病気休職中の9月下旬~12月上旬、東京都内のソープランドで働いていた。11月に匿名の通報があり発覚。「家庭の事情で多額の資金が必要だった」と説明したという。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 冬季アジア札幌大会 宇野が金 フィギュアスケート男子
  2. 圏央道 茨城県内の区間すべて開通 5都県つながる
  3. 金正男氏殺害 オウム中川死刑囚「あれはVX」発表前に
  4. たのもー!フェミ女道場 家事って労働なの?
  5. HKT48 小泉今日子、モー娘。ももクロ、デレマスも “本気のアイドル”曲を次々熱唱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]