メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉県

37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

兼業禁止の地方公務員法違反で「停職6カ月」受け依願退職

 千葉県は27日、風俗店で働いていたとして健康福祉部の女性職員(37)を地方公務員法(兼業禁止)違反で停職6カ月の懲戒処分にした。女性は同日付で依願退職した。

 県総務課によると、女性は病気休職中の9月下旬~12月上旬、東京都内のソープランドで働いていた。11月に匿名の通報があり発覚。「家庭の事情で多額の資金が必要だった」と説明したという。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 座間事件 当初、集団自殺疑う声 女子高生2人不明
  2. 政府 年金開始、70歳超も選択肢
  3. 漆黒を照らす /52 北朝鮮の人々に冷たい日本 独裁政権と民衆は別 /大阪
  4. NHK誤配信 原因は「担当者が別のニュース速報で誤り」
  5. 落書き 青森・八甲田の樹氷にスプレーで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]