メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

「三浦九段につらい思いさせた」谷川会長が謝罪

三浦弘行九段の将棋ソフト不正疑惑問題で第三者調査委員会が「不正の証拠がない」と結論を出したことを受けた記者会見で、最後に頭を下げる日本将棋連盟の谷川浩司会長(手前)ら=東京・将棋会館で2016年12月27日午後6時5分、竹内紀臣撮影

 三浦弘行九段(42)が対局中に将棋ソフトを使用した疑惑が持ち上がり、年内出場停止処分となった問題で、第三者調査委員会から「不正の証拠は認められない」などとする報告書の提出を受け、日本将棋連盟の谷川浩司会長(54)らが27日、東京・将棋会館で記者会見した。

 冒頭、谷川会長は「処分は妥当との結論をいただいたが、三浦九段につらい思いをさせたことを本当に申し訳なく思っている」と謝罪。反省点として、▽電子機器の取り扱い規定を定めるのが遅れたこと▽三浦九段の長時間の離席や、ソフトとの指し手の一致率を「カンニング」の根拠にし、事実確認を怠った--ことを挙げた。今後は「調査報告書の提言を真摯(しんし)に受け止め、棋士が対局に集中できる環境を整え、ファンに真剣勝負を楽しんでもらいたいと考えている」と説明した。

 理事会では、常務会の責任も話し合われたが、外部理事からも「(調査委から)『処分は妥当』との報告をいただいたので、責任を取る必要はない」(谷川会長)とされたと説明。「職を投げ出すわけにはいかず、棋界の正常化のため、粛々と職をまっとうすべきだと考える」と述べた。

 一方で、常務会の不手際などを理由に、谷川会長、青野照市専務理事、島朗常務理事を減給10分の3(3カ月)、他の常務会の理事を減給10分の1(同)の処分とすると発表した。【最上聡】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜バス 「美少女バス」登場 美少女図鑑からモデル写真
  2. 茶色の髪問題契機 「ブラック校則なくそう」運動スタート
  3. 麻生氏 「読む人の気知れない」新聞報道巡り
  4. 東名正面衝突 重体の2人が死亡 乗用車が逆走か 焼津
  5. 長崎県警 巡査4日間失踪 スマホ課金で悩み「親が怒る」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]