メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

喫茶店

コメダ珈琲店そっくり…店舗の使用禁止 東京地裁

郊外型のコメダ珈琲店の店舗=コメダ提供
改装が始まったマサキ珈琲中島本店=和歌山市で2016年12月27日午後5時19分、稲生陽撮影

 コメダ(名古屋市)が運営する喫茶店「珈琲(コーヒー)所コメダ珈琲店」に外観などがそっくりな喫茶店を営業したとして、東京地裁が和歌山市の会社に、不正競争防止法に基づき店舗の使用を禁止する仮処分決定を出したことが分かった。嶋末和秀裁判長は「営業上の利益を侵害する恐れがある」と指摘している。

 19日付の決定によると、和歌山市の会社は2013年3月、コメダにフランチャイズ加盟を申請して断られた。14年8月に同市内に「マサキ珈琲」を建てて営業を開始したが、その直後からインターネットで「コメダ珈琲店に似ている」と指摘された。

 コメダは15年5月、店舗の使用禁止を求める仮処分を申請。決定は、三角形の屋根の下にレンガ調の壁や出窓がある外観や内装について「視覚的特徴が郊外型のコメダ珈琲店と同一または類似し、全体として酷似している」と判断した。

 コメダは約2000万円の賠償を求める訴訟も起こしており「引き続き主張が認められるよう注力する」とした。和歌山市の会社からはコメントを得られなかった。【島田信幸】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 12階から自転車投げ落とす 殺人未遂容疑で男逮捕
  2. ロシア プーチン大統領「70年も足踏み」日本と相いれず
  3. 埼玉・和光市 高齢男女が死傷、殺人容疑で捜査
  4. 殺人事件 高齢夫婦死傷、孫の中学生確保 埼玉
  5. ORICON NEWS “空気を読まない”コメンテーター古市憲寿、なぜ重宝? “炎上に対する無関心さ”が背景に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです