メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

糸魚川大火1週間

生活再建急ぐ 住民、再開発に不安も

全国から届いた支援物資を整理する市職員ら=新潟県糸魚川市で2016年12月28日午前10時5分、南茂芽育撮影

 144棟を焼いた新潟県糸魚川市の大火は、29日で発生から1週間を迎える。がれきの撤去が進むほか、全国から支援物資が届くなど、被災者の生活再建へ向けて動き出している。しかし、被災者からは再開発への不安の声も出ている。【浅見茂晴、南茂芽育】

 市は被災地の復旧・復興に向け、27、28日に住民説明会を開催。被災した住宅や店舗などのがれき撤去について、市が代わりに処理し、費用の8割を負担することなどの生活支援策を説明した。

 2日間で延べ133世帯245人が参加。同居する祖父(92)の代わりに出席した小竹聡さん(40)は「…

この記事は有料記事です。

残り1165文字(全文1424文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  4. がん・ステージ4からの眺め 食べて寝るだけで貴い
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです