メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生き残りの模索

金正恩体制5年/下 水面下、進む人事

新設の「タンポポ学習帳工場」を視察する金正恩氏。後方には金与正氏の姿も見られる=朝鮮中央通信・朝鮮通信

 北朝鮮国営・朝鮮中央放送は4月19日、金正恩(キムジョンウン)氏が新設された「タンポポ学習帳工場」を現地視察したと伝えた。自ら発案、命名した肝煎り施設だ。

 北朝鮮製ノートの質は低く、富裕層は中国製を使う。現状を憂えた正恩氏がこの工場を「ノートを専門的に生産する近代的基地」と位置づけ、年間5000万冊、将来はその3倍を生産するとの目標を掲げる。

 この視察は朝鮮労働党内で注目された。同行した妹の金与正(キムヨジョン)氏が正恩氏に「ノート生産を担…

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1111文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 「戦争の世紀」研究 現代史と国際政治の視点から/25 ノモンハン事件 転機はらんだ限定戦
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです