メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独テロ

容疑者と同郷の男を拘束 連邦検察

 【ベルリン中西啓介】ベルリンのクリスマス市(いち)で起きたトラック突入テロで、独連邦検察は28日、事件に関与した疑いがあるとして、ベルリンに住むチュニジア人の男(40)の身柄を拘束したと発表した。実行犯とされるチュニジア出身のアニス・アムリ容疑者(24)=イタリア当局が北部ミラノ郊外で射殺=の携帯電話に、男の電話番号があったという。

     南ドイツ新聞によると、アムリ容疑者は事件直前、トラックの運転席で自分の写真を撮影し、仲間と見られる人物に「兄弟よ、私のために祈ってくれ」というメッセージとともに送っていたという。ただ、拘束された男がメッセージの送信先だったかは不明。検察は男の勾留が必要かどうか、捜査している。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
    3. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
    4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
    5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです