メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最終日は21万人 3日間で55万人と復調

3日間で55万人が参加した「コミックマーケット91」

 東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催されている日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)91」が31日に最終日を迎え、1日あたりの来場者としては過去最多タイの約21万人が来場して閉幕した。3日間の来場者数は約55万人と歴代3位タイで、昨年冬の52万人、前回夏の53万人を上回り、復調傾向をみせた。

 コミケは、1975年に始まったマンガや小説・ゲーム・音楽などの同人誌の即売会で、現在は夏と冬の年2回開催されている。今回の最終日は、男性向けの創作、自作のゲームソフト、評論など約1万1700のサークルが参加した。元々「3日間で最も人気がある日」と言われるところに、「ラブライブ!」と「アイドルマスター」が新ジャンルとなって配置されたこともあり、開場から多くのファンでにぎわった。

 コスプレのエリアも混雑し、「すーぱーそに子」や、「Fate」シリーズのキャラクターのコスプレでにぎわった。人気のコスプレーヤーには長い列ができ、コスプレーヤーも防寒対策に衣装の中にカイロを入れて撮影に望むなどしていた。

 次回は8月11~13日、東京ビッグサイトで開催される予定。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. AKB48小嶋陽菜 涙の卒コンもミラノへ直行 「ばいばーい」
  2. 女性死亡 窓ガラス割られ、室内で 神奈川・平塚
  3. スマホ警告ポスター 「使うほど学力下がります」日医作製
  4. WEB CARTOP [販売ランキングに異変]日産が32年ぶりに1位・2位独占と躍進した理由とは?
  5. 森友学園 小学校認可持ち越し 審議会「財務に不安」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]