メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田中角栄・光と影

/1 三国峠を越えて 貫き続けた郷土愛(その2止) /新潟

インタビューで角栄氏の思い出を語る真紀子氏=長岡市千秋2の越後交通本社で、南茂芽育撮影

老若男女問わず人気、関連本 ジュンク堂

 2016年、にわかに湧き起こった「田中角栄ブーム」。没後20年以上がたった今、なぜ角栄氏なのか--。

 「関連本の新刊は今でも月平均6、7冊出ている。ここまで爆発的に売れるのは珍しい」。年の瀬となる12月上旬、ジュンク堂書店新潟店(新潟市中央区)の社会科学書担当の店員・加藤百合子さんは、驚きを隠さなかった。

 金権政治を批判し、政敵だった石原慎太郎元東京都知事が書いた角栄氏の自伝的小説「天才」の発行部数は9…

この記事は有料記事です。

残り1974文字(全文2197文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 「浴槽放置でゲームの時間でき好都合」乳児死亡容疑の父
  5. 「もはや詐欺的だ」語気強めるオーナー レオパレス問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです