メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
とっとりのとり

羽ばたく一年 さらなる高みへ(その2止) 選び抜かれた、地どりピヨ /鳥取

「ふるさと鹿野」で飼育された「鳥取地どりピヨ」=鳥取市で、李英浩撮影

 県産鶏のブランドとして開発された「鳥取地どりピヨ」。シャモをベースに交配した「三元鶏」のうち、厳しい品質管理を経て市場に送り出される高級品種だ。鶏肉本来の味を追い求めて飼育された「ピヨ」は根強い人気があり、生産者は「一口食べれば違いが分かります」と太鼓判を押す。

 「鳥取地どりピヨ」は県の登録商標で、1993年から生産が始まった。飼育期間はブロイラーに比べて2倍近い100日前後。引き締まった肉は歯ごたえが良く、コ…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  3. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. 月刊相撲 おかみさん・リレーコラム 千賀ノ浦部屋・舛田奈緒子さん(58)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです