メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

「悔しさ忘れず」再起を SUBARU31位 /群馬

31位でフィニッシュするSUBARUのアンカー吉田憲正選手=前橋市で、梅村直承撮影

 元日の「ニューイヤー駅伝2017inぐんま」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社など共催)で、県勢のSUBARUは37チーム中31位でフィニッシュした。初出場の2001年(29位)を下回る過去最低の順位。チームの世代交代が十分に進まず、奥谷亘監督は「情けない結果となり、応援してくれた方々に申し訳ない。悔しさを忘れず、1年間取り組みたい」と再起を誓った。

 17年連続出場のSUBARUは29、30歳のベテラン選手を4人起用。前回25位に沈んだチームにとっ…

この記事は有料記事です。

残り1679文字(全文1909文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  4. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  5. ORICON NEWS 休養のガンバレルーヤよしこ、仕事復帰 TBS『東西ネタ合戦』収録に参加「より一層頑張ります」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです