メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わがまちの2017

/2 安房峠道路開通20年 地域の魅力問われる /岐阜

2016年9月には通過車両2000万台を達成した安房峠道路の料金所=高山市奥飛騨温泉郷平湯で

便利と不便の微妙な均衡

 「北アを貫き夢つながる!」「苦闘の歴史乗り越え飛騨人の悲願いま実現」--。上宝村(現・高山市上宝町)が発行する「広報かみたから」1998年1月号の表紙には安房峠道路開通を祝う瓦力建設相、藤井孝男運輸相らがテープカットし、くす玉が割れる式典のカラー写真が大きく掲載され、見出しが躍る。当時の村の喜びと興奮が伝わってくる。

 中澤徹さん(49)は奥飛騨温泉郷平湯で「すずらん旅館」を経営するかたわら、平湯温泉観光協会長も務め…

この記事は有料記事です。

残り1343文字(全文1564文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  3. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです