メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望の水脈

カレーズの会15年/2 日本離れ故郷へ 現地事務所長レシャード・シェルシャーさん /静岡

静岡市内で開いた報告会でアフガンの現状を語るレシャード・シェルシャーさん

自分の力を国造りに

 「アフガニスタンの和平のためにはまだ国際社会の支援が必要だ」。昨年5月22日、NPO法人「カレーズの会」が静岡市内で開いた現地報告会。同会現地事務所長のレシャード・シェルシャーさん(55)は、アフガンで民間人犠牲者が増えている状況や、同会の資金が不足している厳しい現状を訴えた。

 シェルシャーさんは、同会理事長で島田市で医院を開業する医師、レシャード・カレッドさん(66)の実弟だ。アフガン南部・カンダハル市郊外のアイノ地区にある同会の診療所の運営を指揮している。1996年から9年間、島田市で暮らしていて、診療所の設立などに伴い2005年、アフガンに帰国。今も年1回は来日し、各地で報告会を開きアフガンの現状を伝え続ける。

 「ここ1年、カンダハルは落ち着き、目立った事件もない。この状況が続くのを願うばかりです」。昨年12…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  2. 日産、ゴーン前会長に損害賠償請求へ
  3. ゴーン前会長 クルーザー「社長号」も私的流用から?
  4. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  5. 注目裁判・話題の会見 ゴーン事件追起訴 東京地検次席会見「反響は想定」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです