メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とっとりのとり

/1 米子水鳥公園 水面駆ける姿を一望 /鳥取

望遠鏡で湿地帯を見渡す桐原佳介さん=鳥取県米子市の米子水鳥公園で、李英浩撮影

 国内有数の野鳥の生息地、中海に面した米子水鳥公園(米子市)。冬の水鳥たちでにぎわう昨年12月のある日、主任指導員を務める桐原佳介さん(43)に、公園の魅力を紹介してもらった。

 水鳥たちを観察できるのは、人の立ち入りが制限された「保護区」の湿地帯に隣接する「ネイチャーセンター」だ。窓辺に並ぶ望遠鏡で、さまざまな水鳥が代わる代わるやってくる様子を眺めることができる。

 午前7時ごろ、昇り始めた太陽の光で、湿地帯がうっすらと明るくなる。水面では、コハクチョウの親子が足…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文700文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです