メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新年の無事と息災祈り研ぎ初め 旭川

研ぎ初めに取り組む頼住さん(左端)ら=北海道旭川市で2017年1月2日、横田信行撮影

 日本刀を研ぎ清め、新年の無事と息災を祈る「研ぎ初め」が2日、北海道旭川市の研師、頼住譲さん(94)の道場で行われた。

     頼住さんと弟子3人が、室町時代から続くという本阿弥流で18段階ある工程のうち最初の「荒研ぎ」を行い、4本の刀を清めた。頼住さんは「けがをしないように気をつけ、研がせてもらえる感謝の気持ちを込め、無念無想で臨んでいる」と話していた。【横田信行】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自動車 佐藤選手に差別的投稿…インディ優勝で米紙記者
    2. 大リーグ イチローにもあった人種差別行為「氷やコイン投げられ…」(スポニチ)
    3. ホワイトライオン 誕生の双子よちよち歩き 兵庫・姫路
    4. サッカーU20W杯 日本、0-1で惜敗 8強ならず
    5. テルアビブ空港乱射 岡本容疑者「一度は日本に帰りたい」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]