メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新年の無事と息災祈り研ぎ初め 旭川

研ぎ初めに取り組む頼住さん(左端)ら=北海道旭川市で2017年1月2日、横田信行撮影

 日本刀を研ぎ清め、新年の無事と息災を祈る「研ぎ初め」が2日、北海道旭川市の研師、頼住譲さん(94)の道場で行われた。

     頼住さんと弟子3人が、室町時代から続くという本阿弥流で18段階ある工程のうち最初の「荒研ぎ」を行い、4本の刀を清めた。頼住さんは「けがをしないように気をつけ、研がせてもらえる感謝の気持ちを込め、無念無想で臨んでいる」と話していた。【横田信行】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 殺人未遂 容疑で女子大生逮捕「恋愛感情のもつれで」
    2. 仙台市長選 郡和子氏が初当選 自公敗北、加計問題影響
    3. 鉄道事故 踏切内で高1はねられ死亡 家族の前で 愛知
    4. 内閣支持率 続落26% 「総裁3選」62%否定
    5. 仙台市長選 国政が直撃 敗れた与党陣営、恨み節

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]