メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三浦九段、地元のイベントに出演 ファンから拍手

「第13回YAMADAこども将棋大会」の開会式にサプライズ出演し、ファンにあいさつする三浦弘行九段=高崎市栄町のヤマダ電機LABI1高崎で2017年1月3日、尾崎修二撮影

 コンピューターソフトによる不正疑惑を指摘され、後に「証拠は認められない」とされた将棋の三浦弘行九段(42)=群馬県高崎市出身=が3日、同市内の将棋イベントに出演した。昨年10月に一連の騒動が持ち上がって以来、ファンの前に姿を見せるのは初めて。“サプライズ出演”に、集まった小中学生や保護者から大きな拍手がわいた。

 イベントは、日本将棋連盟が主催し、ヤマダ電機(本社・高崎市)が特別協賛する「YAMADAこども将棋大会」。地元出身の三浦九段は毎年出席している。

 連盟は不正疑惑が持ち上がったため、「混乱を避けたい」などとして出席をいったん取り消したが、ヤマダ電機が「名誉回復の機会に」と、昨年末に連盟や三浦九段側に掛け合い、急きょあいさつの場が設けられることになったという。

 三浦九段は、開会式の最後に緊張した面持ちで登場。疑惑騒動には直接言及しなかったが、「ヤマダ電機様は騒動後もずっと信じてくださった。皆さん、電化製品はヤマダで買ってください」と笑いを誘った。あいさつ後は報道陣の取材に応じ、「ファンの皆さんにちゃんとごあいさつしたかった。地元の声援はありがたい」と話した。

 三浦九段は対局中にコンピューターソフトを使ったと疑われ、10月に連盟から年内出場停止処分を受けたが、12月26日に公表された第三者調査委員会の報告は「不正の証拠はない」とした。補償や今後の公式戦出場については、連盟側と協議するという。【尾崎修二】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民 二階氏「意見ある人は来い」 報道批判真意問われ
  2. ORICON NEWS 菊川怜が結婚 お相手は40代一般男性 『とくダネ!』で発表
  3. ティラーソン米国務長官 「中国、北朝鮮独自制裁も」 核実験警告
  4. 昏睡強盗 「アイコ」に懲役15年求刑…東京地裁公判
  5. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]