メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GO!トリっぷ・とちぎ

/3 日光の温泉街 幅広いニーズに対応 低価格から高級路線まで /栃木

「星野リゾート 界 日光」の一室「鹿沼組子の間」。伝統工芸品「鹿沼組子」が用いられたベッドが置かれ、高級感を演出している=日光市中宮祠で

 窓の向こうに目をやると、中禅寺湖と雪化粧した男体山の絶景が眼前に広がった。その雄大な奥日光の景色は、人の心を日常から解き放つほどに美しい。

 全国でリゾート施設の運営を手がける星野リゾート(長野県軽井沢町)が、2014年5月に日光市中宮祠にオープンした「星野リゾート 界 日光」の一室。益子焼や鹿沼組子などの調度品、旬の食材を使った会席料理、ヒノキの香りが広がる極上の露天風呂--など高級感を前面に出したサービスが特徴だ。

 利用者の約2割は訪日外国人(インバウンド)。20年の東京五輪・パラリンピックを控え、さらなるインバ…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1035文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです