メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望の水脈

カレーズの会15年/3 復興の志、道半ば 結核対策学んだ医師 マムン・タヒリさん /静岡

学んだ知識を多くの人に伝えたい」。帰国前に抱負を語るマムン・タヒリさん=静岡市内で2004年8月31日

日本で研修、帰国4年後テロで落命

 閑静な住宅街の中の広い敷地に病院や研究棟が建ち並ぶ、東京都清瀬市の結核予防会結核研究所。最先端の治療薬などの研究をする一方、いまも結核に悩まされる発展途上国の人材育成のため、毎年10カ国以上の医師らを受け入れている。

 「彼の残したリポートです」。石川信克所長(74)が2冊の英文のリポートを手に取った。うち一つの「国家結核対策計画・アフガン、カンダハル州での活動計画」には「NGOとの連携を深め、結核対策のネットワークを構築する」など現地での治療計画や課題分析が詳細に書かれている。「カレーズの会」(静岡市)がアフガンから招き、2004年5~8月にこの研究所で学んだ医師、マムン・タヒリさん(来日当時30歳)が残したものだ。

 「国の大変な状況をもろともせず、明るく優秀な医師だった」。石川所長は振り返る。

この記事は有料記事です。

残り971文字(全文1340文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです