メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あいち・山車文化を支える

祝!無形遺産/2 亀崎潮干祭(半田市) 街の活性化にも尽力 /愛知

 「ウントコセー イェン ソーリャー ソーリャー ヨイサー ヨイサー」--。亀崎潮干祭(半田市)の最大の見せ場が、海への山車の引き下ろしだ。威勢のよい掛け声とともに、重さ約4トンの山車が次々と海に入る。伊勢湾台風(1959年)で護岸が破壊され、引き下ろしは一時できなくなったが、人工海浜の完成とともに93年、34年ぶりに復活した。【林幹洋】

 起源は定かではないが、祭りは江戸時代中期から約300年続くとされる。現在は66年に発足した亀崎潮干…

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1130文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです