メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とっとりのとり

/2 ふるさと鹿野 鳥取地どりピヨ 消費者へ安心届ける /鳥取

鶏舎で育てられる「鳥取地どりピヨ」=ふるさと鹿野提供

 ブロイラーとはひと味違うコクや歯ごたえが楽しめる県産鶏のブランド「鳥取地どりピヨ」。厳しい品質管理と長い飼育期間が求められるが、鶏舎では一羽一羽が丹念に育てられている。生産者は「新年も消費者が安心できる『ピヨ』を届けたい」と意気込む。

 県内で飼育される約1万3000羽の半数以上を生産しているのが、鳥取市鹿野町の第三セクター「ふるさと鹿野」だ。運営する国民宿舎「山紫苑(さんしえん)」の名物料理にしようと、2002年から飼育を始めた。

 「ピヨ」の生産現場を取り仕切るのは、ふるさと鹿野で営業部長を務める野藤昭夫さん(59)。処理工場が…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文763文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです