メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とっとりのとり

/2 ふるさと鹿野 鳥取地どりピヨ 消費者へ安心届ける /鳥取

鶏舎で育てられる「鳥取地どりピヨ」=ふるさと鹿野提供

 ブロイラーとはひと味違うコクや歯ごたえが楽しめる県産鶏のブランド「鳥取地どりピヨ」。厳しい品質管理と長い飼育期間が求められるが、鶏舎では一羽一羽が丹念に育てられている。生産者は「新年も消費者が安心できる『ピヨ』を届けたい」と意気込む。

 県内で飼育される約1万3000羽の半数以上を生産しているのが、鳥取市鹿野町の第三セクター「ふるさと鹿野」だ。運営する国民宿舎「山紫苑(さんしえん)」の名物料理にしようと、2002年から飼育を始めた。

 「ピヨ」の生産現場を取り仕切るのは、ふるさと鹿野で営業部長を務める野藤昭夫さん(59)。処理工場が…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文763文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  2. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  3. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  4. 横井、佐藤、本田が優勝 フィギュアのチャレンジ杯
  5. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです