メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食べ飲み食らう

新東京食紀行/2 港区に蔵元復活 1世紀超え「江戸開城」 /東京

「創業文化九年 若松屋」と書かれた醸造所の看板を背にする斉藤さん(左)と寺澤さん=港区で、五味香織撮影

 一口含むと、舌に穏やかな発泡感があり、すぐに甘みが広がる。後味はさらりと抜けるが、軽くはない。「障りなく飲めて、味わいのある酒」。杜氏(とうじ)の寺澤善実さん(56)の言葉を思い返す。ラベルには「江戸開城」と銀色の文字。この酒が都心の水道水で造られたことに驚く。「おいしい酒は米どころや名水地で造られる」という思い込みが覆された。

 100年ほど前に途絶えた港区の蔵元が「東京港醸造」として復活し、昨年7月から日本酒を造り始めた。家…

この記事は有料記事です。

残り1230文字(全文1446文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです