メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美し菓子・全国大博覧会4月開幕

/3 赤福 赤福餅 300年続くおもてなし /三重

平日でも多くの観光客でにぎわう赤福本店=伊勢市宇治中之切町で

美(うま)し菓子

 えび茶色のこしあんの表面に、伊勢市を流れる清流・五十鈴川のせせらぎをかたどり、包まれた白い餅は川底の小石を表現している。三重を代表する銘菓「赤福餅」。300年以上にわたって、その味は伊勢神宮の参拝客らに親しまれてきた。

 江戸中期の1707(宝永4)年、初代店主・濱田治兵衛が伊勢神宮内宮近くに茶店を開いたのが老舗「赤福」の起こり。参宮客をできたてのあんころ餅とほうじ茶でもてなした。当時は砂糖が貴重だったため、代わりに少量の塩で甘みを引き出していたという。

 伊勢神宮のお膝元で営業する本店での提供は今では1人前は餅二つだが、当時は八つが並んだ。味の違いこそ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」
  3. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前
  4. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  5. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです