メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美し菓子・全国大博覧会4月開幕

/3 赤福 赤福餅 300年続くおもてなし /三重

平日でも多くの観光客でにぎわう赤福本店=伊勢市宇治中之切町で

美(うま)し菓子

 えび茶色のこしあんの表面に、伊勢市を流れる清流・五十鈴川のせせらぎをかたどり、包まれた白い餅は川底の小石を表現している。三重を代表する銘菓「赤福餅」。300年以上にわたって、その味は伊勢神宮の参拝客らに親しまれてきた。

 江戸中期の1707(宝永4)年、初代店主・濱田治兵衛が伊勢神宮内宮近くに茶店を開いたのが老舗「赤福」の起こり。参宮客をできたてのあんころ餅とほうじ茶でもてなした。当時は砂糖が貴重だったため、代わりに少量の塩で甘みを引き出していたという。

 伊勢神宮のお膝元で営業する本店での提供は今では1人前は餅二つだが、当時は八つが並んだ。味の違いこそ…

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文1004文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです