メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

組み体操

低い技も骨折注意…ピラミッド、タワーより多発

組み体操の主な技

 2016年度に小中学校の運動会などで行った組み体操中の事故で、九州・沖縄・山口9県で少なくとも39人の児童生徒が骨折していたことが分かった。その6割にあたる23人は、高さがあって危険とされる技の「ピラミッド」や「タワー」ではなく、低い位置で2人1組で行う「補助倒立」などの技で骨折していた。スポーツ庁はピラミッドなどへの注意を呼びかけているが、専門家は「簡単とされる技も油断はできない」と警鐘を鳴らす。【杉山雄飛】

 九州・沖縄・山口の県庁所在地を含む人口10万人以上(16年1月現在)の33市の教育委員会などを取材…

この記事は有料記事です。

残り1115文字(全文1373文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. がん・ステージ4からの眺め 食べて寝るだけで貴い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです