メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪国税

住職4000万円流用を認定…隠し給与調査強化

 大阪府南部で寺院を運営する宗教法人が大阪国税局の税務調査を受け、住職が法人の収入約4000万円を私的に流用したと認定されたことが分かった。法人から住職に支払われた「隠し給与」とみなされ、源泉所得税の納付対象となった。【服部陽】

対象の7割、納付漏れ

 国税局は近年、宗教法人による源泉所得税の納付漏れを重点的に監視。調査件数は3年間で倍増し、調査対象の約7割に納付漏れが発覚したという。

 宗教法人は営利を目的としない公益法人のため、税制上の優遇措置がある。お布施やさい銭、戒名料など宗教…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文929文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  3. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発
  4. 「日本人の家に置けば育ててくれる…」 赤ちゃん遺棄 容疑の技能実習生を逮捕
  5. おかあさんといっしょ さよならよしお兄さん! 最長14年担当の体操のお兄さんが3月末で卒業 パント!のりさお姉さんも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです