メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひじきパン

見習い海女とパン屋がタッグ 岐阜で開発 

昔ながらの海女姿でひじき入りドイツパンをPRする小寺めぐみさん=三重県庁で昨年12月19日

 三重県鳥羽市菅島町の見習い海女、小寺めぐみさん(34)の提案で、岐阜県美濃加茂市のドイツパン専門店「ベッカライフジムラ」が、ひじき入りのパンを開発した。鉄分不足になりがちな離乳期の子どもにも最適で、小寺さんは「おいしくて安心安全なパンを全国の食卓に届けたい」と話す。

 小寺さんは、美濃加茂市の隣町の富加町出身。愛知県稲沢市で会社員をしていた時、鳥羽市の離島・菅島出身の夫と職場結婚した。4年前、夫と共に菅島に移り住み、男女の双子(1歳8カ月)の育児をしながら海女の見習いをしている。今年は、学校などでの出前…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文635文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 札幌爆発 周辺住民、不安の夜 150メートル先ガラスも割れ
  5. 電気製品 つなげすぎると火災の危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです