メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひじきパン

見習い海女とパン屋がタッグ 岐阜で開発 

昔ながらの海女姿でひじき入りドイツパンをPRする小寺めぐみさん=三重県庁で昨年12月19日

 三重県鳥羽市菅島町の見習い海女、小寺めぐみさん(34)の提案で、岐阜県美濃加茂市のドイツパン専門店「ベッカライフジムラ」が、ひじき入りのパンを開発した。鉄分不足になりがちな離乳期の子どもにも最適で、小寺さんは「おいしくて安心安全なパンを全国の食卓に届けたい」と話す。

     小寺さんは、美濃加茂市の隣町の富加町出身。愛知県稲沢市で会社員をしていた時、鳥羽市の離島・菅島出身の夫と職場結婚した。4年前、夫と共に菅島に移り住み、男女の双子(1歳8カ月)の育児をしながら海女の見習いをしている。今年は、学校などでの出前授業や魚料理教室の講師として三重県が養成する県魚食リーダーにもなった。自身の子どもが離乳期に鉄分不足気味になったことから食育の大切さを実感した。

     「ベッカライ」では実家に帰省時などにパンを買い求めていた。同店が食育の普及啓発に力を入れていることを知り、菅島で採集しているひじきの活用を提案し、意気投合した。試作を重ね、ドイツパンを子どもも食べやすいように少し柔らかく仕上げた。

     商品名は、小寺さんの名前にちなみ、ドイツ語で「恵み」を意味する「ゼーゲン」。ライ麦の軽い酸味とひじきの風味、施したカシューナッツの食感と甘みが特徴で、あらゆる食材に合うという。

     価格(税込み)は、量り売りで1グラム1・5円。「ベッカライ」(0574・66・8195)で店頭や通信販売するほか、小寺さんの夫の実家「納屋商店」(0599・34・2009)でも注文を受け付ける。【田中功一】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中野駅 歩きスマホ?女性倒され重傷 男性の不起訴不当 
    2. フィギュアスケート 羽生が氷上練習再開「1週間前から」
    3. 北上製紙 7月末に全事業停止へ 解散・清算を検討
    4. ICAN事務局長来日 安倍首相、なぜ会わぬ
    5. 和歌山県警 シャンプー投入、浴場泡だらけ 少年2人逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]