メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ていねいな草むしりの仕事ぶりが評判を呼んでいる=前橋市内で2016年12月8日

中高年の起業で地域課題を解決

 私の仕事は、俗に言うところの3Kです。きつい、汚い、危険。でも、私が思う草むしりの3Kは、きれいになる、感謝される、気持ちいい、の3Kです。いま私は、群馬県の関越自動車道前橋インターを中心に半径5キロの範囲で、お庭の「困った」を解決しています。群馬県でも高齢化は急速に進み、都市部での空き家、遊休地が増えています。昔は庭いじりが好きだった人が高齢になり足腰が弱くなってしまったための依頼が多数を占めます。また、都会に出てしまったご子息からの依頼も多く、空き家はもちろん、一人暮らしの親が住む実家のお手入れなど需要は年々増えています。

 その私が草むしりを職業として生きる覚悟を決めたのは、今から8年前、44歳の時に「草むしり.com」…

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1369文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
  2. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  3. カナダ 地下鉄ホームから突き落とされ死亡 日本人男性か
  4. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  5. ドカベン 長寿野球マンガが完結へ 46年の歴史に幕 「チャンピオン」次号で最終章が最終回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]